今注目の車はこれ

フルモデルチェンジする車の傾向を見ると、定番の車のハイブリット化が見られます。ここ数年の動きとしては、事故に備える装備に関心が集まっています。エアバックから始まり、バックモニター、サイドモニター、アラウンドビューモニターなど駐車の際に使える機能が充実してきました。今年春になって衝突回避システムを導入した車スバルのレガシイやステラ、トヨタクラウン、ダイハツ新ムーブなどが販売されて、世界的にも注目を集めています。オプション機能として、10万円から31万円弱する車もあり、高価な印象のある衝突回避システムですが、ダイハツ新ムーブは、搭載車と非搭載車との価格差を5万円として手軽さが受け、目標台数を上回る販売数になりました。現在発売されている車は、センサにレーザレーダやステレオカメラを使い、人や車に対する回避性能が発揮できる速度が15から30キロですが、日産の開発中の車は60キロ走行でも回避可能になり、高速化が進んでいます。高速走行での回避が進めば、さらに事故軽減につながるでしょう。